プロフィール

matsuya-miho

松谷美穂プロフィール

 

私、もう死ぬんだな…

31歳の時。

ものすごい頭痛が来た。

鎮痛剤も効かない。常時ではないけれど、仕事中もふとした瞬間にやってくる。

眠っていても目が覚める。頭が割れるような痛み。

 

脳神経外科でMRIやCTで検査。

脳動静脈奇形と脳動脈瘤が見つかりました。

 

更に詳しい事を調べるために、脳波や造影剤を使った検査もしました。

 

「私、もう死ぬんだなぁ」

 

子供が5歳と2歳。かわいい盛り。

 

開頭手術やカテーテルを使った手術など、いろいろなことを言われました。

脳の事なのでリスクが非常に高く、障害が残る可能性も高い。

なるべくなら手術はしたくない。

 

そうこうしてるうちに担当医が変わり、幸いな事に頭痛も治まってきました。

脳波には異常がないので、今後は定期的な検診を受ながら様子を見ると言う事になりました。

 

ここで私が本気で考えた事。

 

1. 食事に気を付ける

2. ストレスをためない

3. 後悔しないように生きる

でした。

価値観の変化と離婚

 

その3年後。離婚。

 

後悔しないように生きると決めてから、私の価値観がかなり変わり、すれ違ってしまった事が大きな原因になったような気がします。

それまでは趣味など我慢ばかりしていました。

「趣味は定年してからやるもんだ。今は働け!」と言われ、反対されていました。

でも、反対を押し切ってやりたいことをやるようにしたら、それが旦那さんには我慢できないことのようでした。

 

「あんたは、不幸になるからね」

離婚直後に就職をしました。

大きなお菓子屋さんの工場で働きました。

工場での仕事がいろんな事を教えてくれました。

 

全身白衣で誰が誰かもわからない。

ずっと立ちっぱなし。体中汗だく。

男女共仕事の内容は同じ。

重たい物を持ったり、つらい仕事は新人の仕事。

ベテランの男の人はクルミをちぎったりの軽作業。

一日中、同じことを黙々とやり続ける。

話すことは「一か月経ったら楽になるからね~」と

優しい年配の方は言ってくれました。

 

休憩はお昼だけ。

 

肉体的にも精神的にもつらい仕事でした。

仕事が終わってから、保育所に子供を迎えに行き、ご飯を作って食べさせ、お風呂に入れて。

心も体もクタクタでした。

 

夜、布団に入った時、この先への不安に完璧に包まれ、まだ保育園児だった次女と大泣きしました。

「どうしてこんなに不幸になってしまったんだろう?」

その時に走馬燈を見たのです。

小さい頃から今までの出来事が螺旋状に連なって見えました。

「出来事」とは断片的なものだと思っていましたが、全てがつながって、「今の私」を作っている事を知りました。

その時、母が私に小さい時から言っていた事。

「あんたはお母さんと同じで男運が悪くて、不幸になるからね」を思い出した。

あぁ、その通りになったんだ。

悲しみと恨みで涙が止まりませんでした。

死んでしまいたかった。

母への恨みもかなり大きく、殺してやりたかったし、

私の34年間を返して欲しいと強く思いました。

seijin1

★20歳の頃

seijin2

★20歳の頃

 

 

 

 

 

 

 

 

死んでしまいたかったけど、子供のためにも生きるしかない。

 

本当に苦しい日々でしたが、なんとか奮い立たせて仕事をしました。

苦しい仕事。

その経験で「私にはこういう仕事は合ってない」と

はっきりわかったのです。

 

「じゃあ、私にはどんな仕事が合ってるだろう?」

 

生まれて初めて本気で問いました。

 

 

本当の「私」に気が付く

高校の時。就職を決める際には母親に言われた「あんたは愛想が悪いから事務員になりなさい!」って言葉を鵜呑みにして事務員になっていました。

 

親や友達に言われた事で、自分を決めつけていた事がつくづくわかり、改めて「私」を客観視してみました。

 

友達とも深く仲良くなったり、保育所のお母さんたちとも楽しく過ごしていました。

私が思っているよりもずっと人から好かれていたように思います。

「接客業の方が向いてるかも!」

その時まで接客業は避けていたのです。

 

タクシードライバーになろうかと思いましたが、その頃タクシードライバーが襲われる事件が相次ぎ、50歳くらいからでもできるかなとやめました。

生命保険会社。

夜間のスーパーのレジ。

ゴルフ場のレストラン。

週末スナックでアルバイト。

 

つなぎで仕事をしながら接客業にチャレンジ。

 

そんな中で、結婚前に勤めていた電気工事会社の社長からこんな言葉をもらいました。

「接客や言葉使いの勉強にエステサロンで働いたらどうだ?」

 

え? 私がエステ? と全く想像もしていなかった事でしたが、

手に職もつけれるし、それもいいかなぁ!と安易な考えでエステの世界に飛び込んだのでした。

 

エステの世界へ

初めての完全出来高の世界。

その時の私の肌はとっても汚かった。

毛穴の皮脂汚れ。小鼻など黒かった。皮脂がすごく出るので手放せないのは脂取り紙。

ほうれい線に、大きくなったニキビ跡。

「どうしてお母さん、顔に穴空いてるの?」と子供に言われ、ムッとしていました。

自分の肌はもうあきらめていたので、技術を教えてもらったらやめようと思っていました。

十勝のエステ業界先駆けの大ベテランにエステの技術を教えてもらいました。

とてもラッキーでした。サロンも新しく素敵な所でした。

練習を初めてちょうど1カ月、オッペン化粧品で「教育実践」と言うものがありました。

メーカーから指導員が来て新人を教育してくれると言うものです。

6years

★6年前

知識も豊富な指導員からエステと化粧品販売の事をみっちり教えてもらいました。

二日間で15万円ほど売上げ、とても褒められました。

営業・販売は初めてのことでしたが、とても楽しく、お客様も喜んで購入してくれました。

この経験で「エステと化粧品の販売も一生懸命やってみよう!」と決意しました。

指導員の私への最後の指導は「とりあえず1カ月。毎日マッサージしてください!!!」。

「はい」と素直で真面目な私はしっかり毎日マッサージをしました。

すると、一枚一枚ベールをはがすように、肌がきれいになり始め、子供たちや周りの人の、私を見る目が変わって来ました。肌が変わればこんなに人生が変わるんだ!!と知ったのです。

肌が変われば人生が変わる

すっかりあきらめていた肌が甦り、シミも消えたり、シワも薄くなりました。

私の肌も変わり、その変わり様を見たお客様もエステを喜んで受けてくれるようになり、化粧品も売れました。

この頃は表彰も沢山され、会議などで体験発表なども頼まれて頻繁にしていました。

私の全盛期。

エステと美容は天職だと実感しました。今でも仕事のために毎日生きています。

 

よくある話ですが、化粧品販売の全盛期は長く続かず、苦しくなり始めた頃、

「ララムーン」に出会いました。

 

生理用・失禁用・産褥用に使える使い捨てパッドです。

再生紙を使用せず、女性の体の事をきちんと考えて作られたものです。

この商品を知ったと同時に、深刻な女性の問題も知りました。

「これは黙ってはいられない」。

この時に独立を決意。

度胸が無い、弱虫な私でも起業できた

母子家庭は弱味でしたが、強味に変え、母子家庭向けの制度を利用し、無利子で開業資金を借入。

何かに突き動かされるように開店準備を進めました。度胸のないすごく弱虫な私が起業!

(今でも信じられない笑)

 

健康食の勉強もしていたので、「体の中からキレイになろう!」をコンセプトに、

2011年7月31日に「かふぇ&えすて en.」をオープン。

カフェメニューは「化学調味料・動物性食品不使用」。

沢山のお客様にご来店頂き、沢山の方と仲良しになれました。

図書サークルや整理収納セミナーなども開催し、カフェに学びの要素を取り入れました。

試行錯誤を繰り返し、1年1年変化させ、4年目に入る年にエステをメインに変えました。

現在ではフェイシャルエステ、リンパダイエット、光脱毛とトータルエステサロンになりました。

ゴッドハンドともよく言われます。私もそう感じています。

通ってくれるお客様がどんどん明るくなっていきます。夢を持ち、挑戦したり。

お肌が明るくなれば、心も明るく。

体が軽くなれば、心も軽く。

そんなお手伝いを出来る自分だと確信しました。志明です。

 

おわりに

肌は一生に一度の一張羅です。

お顔は体の中、心の中を表しているようです。

女性が肌をきれいに保つこと。

簡単なようでとても奥深い。

食事、ストレス、お水も重要。

女性がもっともっと自分の心と体を大切にして、健康に心掛け、体を温め、心を温めてほしい。

そうすれば肌はツヤツヤになり、体の奥にある光が外にあふれ出し、その光を受けて周りの人達も輝く!

そんな「自分の力」を信じてほしい。

 

・自己治癒力を高める

・自分の体を守り、健康を維持する努力をする

・情報にあふれた社会。情報を取捨選択する力をつける

・情報を人任せにせず、自分の感じ方を信じる

・自分らしく、自分の人生を生きる

・自分の中の素晴らしい力を信じる

 

上記の事を実践していけば、女性・男性・子供達。

それぞれの違いを認め、楽しく、豊かに暮らせるだろうと思います。

世界平和のために私ができることは、そんな事を一人でも多くの人に考えてもらう事です。

 

自分。家族。友達。身近な人をまず幸せに!

profile

お客様の声

お客様より嬉しい感想が続々と届いております。ありがとうございます

話していると元気が出る

健康オタクだからいろいろ教えてください!

素の自分でいれる

ゴッドハンド!札幌在住の方。札幌であちこちのエステを行きましたが、どこへ行ってもイマイチでしたが、やっと「いい!」と思えるフェイシャルエステに出会いました。

 マッサージも気持ちいいけど、トークが楽しい